勃起障害、EDの原因

勃起障害、EDの原因

勃起障害、EDの原因としては、加齢によるもの、心因的要因によるもの、生活習慣病によるもの、などがあります。

 

加齢による原因の勃起障害、EDは様々な原因があり複雑ですが特に加齢による原因の場合は誰でも起こりうる事ですので避けて通るとこができません。

 

人は加齢に伴い心身の衰えが気になってきます。
それに加え性欲が無くなる。勃起しない。など性機能が目に見えて衰えます。

 

特に勃起については毎朝、ビンビンに立っていたものが全く立たない・・・
などハッキリと衰えるのが分かります。
それら因としてあげられるのが動脈硬化など身体の老化と血流の流れが悪くなるためと言われています。

 

勃起する仕組みは、ペニスの陰茎海綿体に多くの血液が大量に流れ込むことで勃起します。
そのため老化などで血流の流れが悪くなってしまうと、ペニスの陰茎海綿体に十分に血流が流れ込まなくなってしまうのです。
結果、勃起しない勃起しても硬さが足りないという事が起こります。

 

それを予防するには血流の流れをよくし動脈硬化を予防することにより加齢による勃起障害、EDのリスクを減らすことが出来ます。

 

それにはまず、食生活の改善から考え、適度な運動を心がけるなど健康に過ごす必要があります。

 

心因的要因が原因の勃起障害、EDは精神的な問題が大きく関わってきます。
過去の性的なトラウマから勃起が上手くできないなどが多くあります。

 

女性との関係性が少なく付き合いが苦手な人に勃起障害、ED多く見られます。

 

女性に慣れていない為、女性とどう接していいか分からず緊張してしまい精神的なプレッシャーとなり勃起が上手くできず、性的に不能となってしまうというものです。

 

過去にセックスの失敗のことで女性に馬鹿にされたなどSEXを失敗した経験があまりにも強く心に残ってしまい、それがトラウマとなり性行為の時に全く勃起しないと言う人も多いのです。

 

少数ですが子供時代にの性的虐待。
これは特殊な例ですが子供時代にの性的虐待を受けるとセックスについて嫌悪感を強く感じてしまうと言われています。
それにより勃起できないのです。

 

その他、心因的要因は様々ものがあります。

 

生活習慣病が原因の勃起障害、EDは食生活の乱れなどから生活習慣病になる事によって勃起障害、EDとなる場合です。

 

乱れた食生活によって血管の内部にコレステロールや中性脂肪などが蓄積し動脈硬化となり血流が悪化します。

 

それによりペニスの陰茎海綿への血流が悪くなり勃起障害が起こるのです。
そして糖尿病も高血糖の状態が続く事によって血管や神経に障害が起きます。
血管や神経に障害が起こることによって神経が傷ついてしまいます。
結果、見たり触れたりした性的な刺激が上手く脳からペニスに伝わらなくなってしまうのです。勃起の信号が伝わらないので勃起しにくくなってしまいます。

 

そうならない為にも日頃から勃起アップサプリなど試しておくとよいかもしれません